アイキララ 界面活性剤

アイキララに含まれる界面活性剤とは

アイキララ,界面活性剤

 

アイキララの成分の中に「界面活性剤」が入っているとネットに掲載されていたのですが、それって本当なのか?危険性や副作用がないのか調べてみました。

 

結論から「アイキララは界面活性剤が入っている」です。

 

詳しく説明します。

 

界面活性剤とは

 

2016年に横浜市の病院で患者が二人亡くなりました。その原因は看護師が点滴に界面活性剤を混入させて死亡させたという事件が脳裏にありました。その事件で界面活性剤と聞くと怖いイメージです。では、界面活性剤って何?と思い調べてみると・・・

 

界面活性剤とは、水と油をうまく混ぜる(乳化剤)働きをサポートする役割をするそうで、普通では混ざり合うことの出来ない物と物を混ぜ合わせることができます。

 

つまり乳化剤として、界面活性剤が多く使われているみたいです。また、天然に界面活性剤で乳化状態をするのもとして牛乳や豆乳があります。合成と天然の界面活性剤があるそうです。

 

その一般的にあるものとして、

 

食品では、チョコレート、バター、マヨネーズ、アイスクリームなど

 

日常品では、石けん、歯磨き粉、食器用洗剤など

 

また、化粧品、医薬品、産業と多くのものに界面活性剤が使われているのです。この界面活性剤がなければ今の生活に支障を及ぼすほどの影響力を持っているのです。こんなに界面活性剤が使われているとは思いませんでした。

 

アイキララに含まれている界面活性剤とは何か?

アイキララの全成分です。

水、DPG、コメヌカ油、パルミチン酸エチルヘキシル、グリセリン、ベヘニルアルコール、トリエチルヘキサノイン、ステアリン酸、ステアリン酸グリセリル、セテス-25、ミリスチル3-グリセリルアスコルビン酸、パルミトイルテトラペプチド-7、パルミトイルトリペプチド-1、クリシン、N-ヒドロキシコハク酸イミド、ステアレス-20、グルコン酸クロルヘキシジン、アンズ核油、アボカド油、カニナバラ果実油、ヒマワリ種子油、ナットウガム、BG、ジメチコン、トコフェロール、コレステロール、シア脂、エチルヘキシルグリセリン、カプリル酸グリセリル

界面活性剤が二つあります。その二つについて解説します。
一つ目が
ステアレス-20
油性成分であるステアリルアルコールに水性成分であるポリオキシエチレンを反応させて得られる界面活性剤です。

 

二つ目が、
カプリル酸グリセリル
天然由来の大豆油などの植物油性脂肪酸をエステル化して、合成した界面活性剤です。

 

アイキララに含まれる界面活性剤の皮膚の刺激性や副作用アレルギー

 

この二つの成分は毒性や副作用があるのでしょうか?

 

化粧品に含まれる界面活性剤は食品よりは規制がゆるいですが、「薬機法」に基づく「化粧品基準」によって、使用が禁止されていないものを使用しています。ですから安心と言えば安心ですが、どうなのか?詳しく見てみることにしました。

 

皮膚へ刺激性について
ステアレス-20・・・・・肌にわずかな刺激性がある

 

カプリル酸グリセリル・・・・・ほとんどない

 

副作用について
アイキララに含まれる二つの界面活性剤はとても微量であり、使用量と使用回数を間違えて使用しても副作用が起こる可能性は極めて低いと言える。

 

>>>アイキララの公式サイトはここから

 

まとめ

 

アイキララ,界面活性剤

 

今回はアイキララに含まれる界面活性剤について調べてみましたが、界面活性剤は本当に多くの食品や身の回りで使用されています。アイキララに含まれる界面活性剤は肌への影響は極めて少ないことで安心して使用できることを確認しました。

 

 

後記
界面活性剤に分類されるという記事もありますが、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリルには乳化力がないため界面活性剤ではありません。との情報もありました。